FC2ブログ

全顎治療

およそ1年に渡る治療がようやく終了しました。

左上大臼歯のみ予後に不安がありますが、悪くなったら抜歯してインプラントを

行う予定です。

歯周病の治療、根っこの治療、インプラント治療、被せ物の治療と

矯正以外の治療はすべて行いました。

これからは、いつまでも美味しく食べられるようにメンテナンスをしっかり

行っていきますよ。

007000_0001_02_02b.jpg
術前
007000_0005_02_02b.jpg
術後

007000_0001_02_08b_20121010210453.jpg
術前
007000_0005_02_08b.jpg
術後
1_20121010211348.jpg



人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター 
    
スポンサーサイト



全部の歯がぐらぐらしてます

重度の歯周病で来院されました。

全部の歯がぐらぐらしていましたが、歯周病の治療を行い、

残せる歯は残し、上顎の左右大臼歯と右上第一小臼歯、右上犬歯の6本を

抜歯し、6本のインプラントで治療しました。

まだ、多少炎症が残っている部位もありますが、注意深くメンテナンスを

行っていきたいと思います。

000033_0001_02_05b.jpg
術前
000033_0004_02_02b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
      
 

全顎的な治療

上下ともに、重度の歯周病のために臼歯部が抜歯になった患者さまです。

臼歯部はインプラントを希望され、全顎的な治療計画を立てた上でまず歯周病の治療から始まりました。

前歯部でも歯周病が進行していたので、移動した歯と歯のスペースを閉じるため、インプラント埋入・上部構造の装着までの数ヶ月間、前歯部のみの咬合により突き上げが生じないための固定、最終補綴に向けてのレべリング、などを目的とし矯正治療も同時に行っていきました。

正中は右側に偏位していますが、残存骨量を考えると大きな移動は困難なため、最小限の歯牙移動で対応しました。

インプラントは上顎臼歯部に6本、下顎臼歯部に4本です。


1年以上の治療に及びましたが、今日ようやく治療がひとまず終了し、患者さまも喜んでおられました。
長い間本当にお疲れさまでした。これからメンテナンスもしっかり行っていきましょう。


006547_0002_01_02bb.jpg

006547_0008_02_02b.jpg
上顎


006547_0002_01_08bb.jpg

006547_0008_02_08b.jpg
下顎


006547_0002_01_05b.jpg

006547_0008_02_05b.jpg
正面

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
      
    

治療がひとまず終了しました

患者様は重度の歯周病で来院され、長期にわたり、歯周病治療、

根っこの治療、臼歯部の抜歯、インプラント、被せ物の治療を

受けられ、今回ひとまず治療終了となりました。

長い間キャンセルもなく通院していただき、ありがとうございました。

これからはメンテナンスで長持ちするように一緒に頑張っていきましょう。


006900_0002_02_02b.jpg
術前
006900_0003_02_02b.jpg
術後


006900_0002_02_04b.jpg
術前
006900_0003_02_04b.jpg
術後(右上第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯はインプラント)


006900_0002_02_06b.jpg
術前
006900_0003_02_06b.jpg
術後(左上第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯はインプラント)


006900_0002_02_05b.jpg
術前
006900_0003_02_05b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
      
 

動揺歯の固定

メンテナンスを行っている患者様です。

歯周病が進行しており、動揺が大きく、右側上下の臼歯部では噛むことが出来ない状態です。

歯周病で骨が溶けてグラグラ動揺してる歯は、その動揺により歯を支えている周りの組織が

もっとダメージを受け、歯周病がさらに悪化することがあります。歯周病はプラークが原因で

発症する病気ですが、噛み合わせの力との関係も悪化させる要因になっています。

今日は、歯周病治療の一環である『暫間固定』を、その改善を目的として行いました。

上顎
009998_0001_01_02b.jpg

下顎
009998_0001_01_04b.jpg

009998_0001_01_05b.jpg