FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のインプラント

CT_20090630195006b.jpg
術前CT写真1
CT_20090630195021b.jpg
術前CT写真2
CT_20090630194622b.jpg
術後CT写真1
CT_20090630194644b.jpg
術後CT写真2

上顎前歯のインプラント埋入オペを行いました。歯牙の脱臼後3ヶ月経過していました。唇側骨板の吸収が認められ、唇側歯肉の退縮が懸念されるため、口蓋側低位埋入を行いました。3ヶ月後に上部構造装着予定です。
スポンサーサイト

同門会

6月27日(土)九州歯科大学歯科侵襲制御学分野の同門会に参加しました。「歯科麻酔医として歯科医師として、どう医療に貢献できるか」 講師松本吉洋先生(国立病院機構福岡病院・歯科科長)という同門会特別講演があり、改めて歯科における全身管理の必要性を実感しました。

P1000041b.jpg

今日のインプラント

CT_20090625154002b.jpg
術前CT写真1
CT_20090625154136b.jpg
術前CT写真2
CT_20090625154317b.jpg
術後CT写真1
CT_20090625154417b.jpg
術後CT写真2

左上臼歯部に3本のインプラント埋入オペを行いました。第一小臼歯部は骨幅5mmによりスプリットコントロールにより骨幅の拡大を行い、第二小臼歯部、第二大臼歯部はソケットリフトを行いました。

今日のインプラント

s111b.jpg
術前レントゲン写真
s112b.jpg
術後レントゲン写真


右上小臼歯の歯根破折により2本の抜歯即時インプラント埋入オペを行いました。抜歯窩が大きく初期固定に苦労しました。口蓋側より骨縁下1.5mmに埋入しました。

今日のインプラント

k111bb.jpg
術中レントゲン写真
CT_20090620140152b.jpg
術後5ヶ月CT画像


右上小臼歯部のソケットリフトによるインプラント術後5ヶ月のCT画像により十分な骨による裏打ちが認められました。

今日のインプラント

f11b.jpg
術前パノラマ写真
f12b.jpg
術後パノラマ写真


右上臼歯部にインプラント埋入オペを行いました。大臼歯部は頬側骨の吸収が認められるため、口蓋側よりに埋入しました。4ヶ月後上部構造装着予定です。

インプラント講演会

6月14日(日)福岡市の博多リバレインにて「患者に優しいインプラント治療とは?」(伊藤明彦先生)の講演会が開催され、参加してきました。、きちんとしたルールにそって抜歯即時インプラントを行えば、より少ない侵襲、治療期間の短縮など有効性が多いことがよく理解できました。

白鵬講演会 伊藤明彦先生 033b


白鵬講演会 伊藤明彦先生 005b

今日のインプラント

k111b.jpg
術前レントゲン写真1
k112b.jpg
術前レントゲン写真2
k113b.jpg
術後レントゲン写真


左下大臼歯が歯周炎により抜歯になり、2ヶ月経過しての2本のインプラント埋入オペになりました。抜歯窩の骨は幼弱だったため、初期固定に苦労しました。

今日のインプラント

s13b.jpg
術前パノラマ写真
s14b.jpg
術後パノラマ写真


右下大臼歯部にインプラント埋入オペを行いました。第二大臼歯部の骨が硬く注意深くドリリングを行いました。3ヶ月後に上部構造装着予定です。

今日のインプラント

n1111b.jpg
術前レントゲン写真
n1112b.jpg
術後レントゲン写真

右上第一小臼歯の歯根破折により抜歯即時インプラント埋入オペを行いました。口蓋側より辺縁歯槽骨より1.5mm深く埋入しました。頬側のスペース部に骨補填材を填入しました。


今日のインプラント

i1111b.jpg
術前パノラマ写真
i1112b.jpg
術後パノラマ写真

マグネットオーバーデンチャーのためのインプラント埋入オペを行いました。オトガイ孔間に2本埋入しました。骨質は少し疎でしたが十分な初期固定が得られました。

今日のインプラント

a111b.jpg
術前パノラマ写真
a112b.jpg
術後パノラマ写真

右上小臼歯部に2本のインプラント埋入オペを行いました。第二小臼歯部頬側に骨欠損が認められそれを避けてやや口蓋側に埋入しました。

今日のインプラント

k11b.jpg
術前パノラマ写真
k12b.jpg
術後パノラマ写真


右下大臼歯部に1本のインプラント埋入オペを行いました。骨質、骨長、骨幅など特に問題なく短時間で終了しました。3ヶ月で上部構造装着予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。