FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K.dentalセミナー

6月27日(日)、福岡市の博多区のアクアにて
K.dental主催のセミナーに参加しました。
講師は田代芳之先生、金子茂先生でした。
歯周病、インプラント、ノンクラスプデンチャーとさまざまなテーマで講演があり、
有意義な1日を過ごすことができました。


Kdental.jpg
スポンサーサイト

矯正Vol.18 歯を引っ張ってます

初診時、レントゲン写真を撮ると、根っこの方で歯が折れていました。
時間はかかりますが歯を上に引っ張ってあげると、なんとか抜歯にならずに残してあげることが出来そうです。

本来ならば、土台を除去した後は再度根の治療を行うのですが、根管が完全に閉鎖していたことと、根管と土台の足の方向が違っていて、根管と同じ方向に器具を沿わせて根の治療をするのは困難だと判断し、そのまま挺出させる治療を進めることを患者様に説明し了承を得ました。

根っこに引っぱりあげるためのスクリューを入れ固定しました。両隣の歯を支えにして歯を挺出させる準備が整いました。これからゴムで少しずつ引っ張って、経過をみていきます。


za1b.jpg
初診時

za2b.jpg
土台除去後

za3b.jpg
挺出中

005050_0001_01_02b.jpg
土台除去後


005050_0001_01_06b.jpg
挺出中

矯正Vol.17 L.O.T.症例検討会 in品川

6月27日(日)、品川のイーストワンタワーで開かれた症例検討会に副院長が参加し、現在全顎治療をされている患者様の矯正の症例を発表させていただきました。

加治先生のLOT(限局矯正)コースを受講された先生方が対象の症例検討会なのですが、臨床における様々な症例から多くのことを学ぶことが出来、とても勉強になりました。

加治先生の第3回のLOTコースももうすぐです。また来月もよろしくお願いします。


DSC02224b.jpg

DSC02235b.jpg

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングを行いました。
かなり白くなりました。
次は右上の側切歯の被せ物をやりかえます。


006756_0001_02_03b.jpg
術前
006756_0001_02_06b.jpg
術後

祝 開院

今日は、午前中の診療が終わって、午後から親戚の開院祝に行って来ました。

熊本の熊本城から近いところにあります。
院内に入ると2階まで吹き抜けの待ち合い室があり、奥に進むと個室の診療室につながっています。
診療台に座ると窓から緑いっぱいの景色が広がり、癒されます。

7月1日開院ですので、準備などこれから忙しくなると思います。
今日はバタバタでお互いにゆっくり出来なかったので、
近々また遊びに行けたらいいです。

↓HP
もりの歯科クリニック


もりの歯科クリニック 037b

もりの歯科クリニックb

矯正Vol.16 インプラントの術前矯正

上下左右奥歯にインプラント予定の患者様です。

金属の被せものがしてある右下奥歯の歯は、動揺が大きいので今後抜歯予定です。
それ以外でスペースのある部分をなくすために矯正治療を行っています。

歯と歯の間に隙間がないことは、歯が倒れてくるのを防ぐなど
お口の中をより良い状態に保つ為に大切なことです。

残りの歯を大事にして、メンテナンスを頑張っていきましょう。


006547_0002_01_02b.jpg

006547_0006_02_02b.jpg

006547_0002_01_08b.jpg

006547_0006_02_08b.jpg

オフィスホワイトニング

テトラサイクリンに起因する変色歯にオフィスホワイニトングを行いました。
このタイプのホワイトニングが最も白くなりにくいです。
術前と比べると色くなりましたが、さらに白くするにはホームホワイトニングとの併用が必要です。


006706_0003_02_01b.jpg
術前
006706_0003_02_04b.jpg
術後

フレキサイト義歯

金属のバネの部分が見えない義歯を希望された患者様です。
部分入れ歯を作るには右は3番目、左は4番目の歯にバネがかかる構造になります。

正面から見える範囲に金属部分がないので、
笑った時も目立たず自然な表情を作ることが出来ます。
患者様もとても満足していらっしゃいました。


002389_0001_02_01b.jpg

002389_0001_02_02b.jpg

矯正のコースを受講して来ました

先週の12日(土)13日(日)で加治初彦先生のLOT(部分矯正)コース
第二回を受講してきました。

このコースは部分矯正のコースなのですが、6回中2回は診断学を含めた講義・実習
が行われます。一人一人頭部X線写真をトレースして計測点と計測平面を設定し
セファロ分析により正確な診断を行っていきます。
部分的な矯正治療であっても骨格系など理解した上で根拠に基づき
治療方針を決定していくことがいかに大切であるかを改めて学びました。


横浜 004b


コースが行われている会場は横浜の中華街のすぐ近くにあります。
中華で名の知れたお店も近くにあり、毎回の食事も楽しみの一つです。
短い滞在の中、大学時代の友人にも会って久々に語り合うなど、
とても有意義な2日間となりました。


横浜 001b

矯正Vol.15 レベリングが始まりました

右上2番目の歯が下の歯より後ろに入り込んでいて見た目が気になる
との主訴で矯正治療を希望された患者様です。
今日からレベリングが始まりました。

奥歯のかみ合わせは左右とも正常なので、現在の咬み合わせを崩さないように
慎重に治療を行っていきます。

今後はガタつきをなくしながら、上顎の正中のラインも改善していきます。


006704_0002_01_05b.jpg

006704_0001_01_05b.jpg

006704_0002_01_02b.jpg

006704_0001_01_02b.jpg

瑞宝中綬章受章記念祝賀会

平成22年6月12日(土)、ステーションホテル小倉にて九州歯科大学歯科侵襲制御学分野(旧歯科麻酔学講座)の西正勝名誉教授の瑞宝中綬章受章記念祝賀会に参加しました。

西先生は九州歯科大学に歯科麻酔学講座の設立に尽力され、初代教授をなされました。

長年にわたる地道な活動と歯科麻酔における発展に多大な貢献によりこの度、春の叙勲で瑞宝中綬章受章の栄に浴されました。

心からお祝い申し上げます。



西正勝 002b

西正勝 004b


金属をなくしたい

銀の詰め物を白くしました。

小臼歯はダイレクトボンディング

大臼歯はハイブリッドセラミックで修復しました。

患者さんには満足していただけました。



006696_0002_02_04b.jpg

006696_0002_02_05b.jpg

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を抑制するために、抜歯の時点で人工骨などを「穴」に入れて骨を再生させる方法です。

抜歯すると、歯があった場所に「穴」があきます。この「穴」を抜歯窩と言います。抜歯窩は、時間とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなってしまいます。
そうなってしまうと、インプラントをするのに条件が悪くなります。骨が痩せて薄くなる前にこの処置を行うことで、
少しでも骨の吸収を抑えることができるのです。



001869_0001_02_01b.jpg

矯正Vol.14 下の歯の矯正治療

下顎の矯正治療中の患者様です。
特に前歯部にがたつきがありましたが、徐々に改善してきました。

ワイヤーによってがたつきが取れてくると、歯と歯の間に少し隙間が出来てきます。
今後その隙間を利用して前歯4本を少しずつ後ろに下げていきます。


006573_0001_01_08b.jpg

006573_0003_01_08b.jpg

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を入れられる患者様で、バネの金属部分が見えてしまうのを気にされる方はとても多いです。
特に前歯の部分にバネを引っ掛ける入れ歯を入れなければいけない場合、
少しお口を開いただけでどうしても銀色のバネの部分が見えてしまいます。


この患者様はバネのない入れ歯を使用していただいています。
バネの代わりになる部分は歯肉と同じ色で自然に見えます。そして安定性も優れています。


患者様にも大変満足していただけました。


002603_0001_02_01b.jpg

002603_0001_02_03b.jpg

バームクーヘン

知人にかわいい犬のバームクーヘンを頂きました。

周りはチョコレートに包まれています。
 
食べるのが少し可哀相な気もしますが、賞味期限もあるので・・・

美味しかったです。

ありがとうございました。

バレンタイン 004b

左右大臼歯部のインプラントに上部構造を装着

インプラントの上部構造にゴールド冠を装着しました。
患者様の希望をお聞きし、審美性を優先するか強度を重視するかにより
装着する冠の選び方も違ってきます。
ゴールドの金属は、強度が強く生体親和性が良いので、必ずしも審美性を重視せず
奥歯でしっかりものを噛みたいとおっしゃる患者様には良い選択となります。

004005_0001_02_02b.jpg

004005_0001_02_05b.jpg

右下大臼歯部にインプラント

右下大臼歯部に2本のインプラント埋入オペをおこないました。

骨質、骨幅、骨長ともに問題なく、短時間で終了しました。

3ヶ月ほど待ち上部構造装着予定です。

ic1b.jpg
術前
ic2b.jpg
術後

ステイン除去

ホワイトニングを希望されて来院されました。

ステインバスターによる着色除去を行いました。

ホワイトニングの前処置としてステイン除去は不可欠です。


000023_0001_02_07b.jpg

000023_0001_02_08b.jpg

無歯顎にインプラント

無歯顎の患者さんにインプラントブリッジを装着しました。
これから定期的なメンテナンスで長持ちするように
頑張っていきましょう。

006098_0002_02_02b.jpg

006098_0002_02_07b.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。