FC2ブログ

左下臼歯部にインプラント

左下臼歯部に3本のインプラント埋入オペを行いました。

奥2本ののインプラント部は抜歯後2ヶ月で軟らかい骨様組織であった

以外は特に問題ありませんでした。

3ヶ月待った後、上部構造の製作に入ります。


oi1b.jpg

oi2b.jpg
スポンサーサイト



左上大臼歯部にインプラント

左上大臼歯部に2本のインプラント埋入オペを行いました。

骨長が不足しているため、骨長を確保し骨を誘導するため上顎洞の粘膜を挙上し、

フィクスチャーを埋入しました。



kit2b.jpg
術前
kit1b.jpg
術後

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングを行いました。
歯に横しまがあり、なかなか白くなりづらい症例ですが、
ぼちぼち白くなりました。
ホームホワイトニングを併用するともっと白くなります。

006967_0001_02_03b.jpg

006967_0001_02_04b.jpg

右下大臼歯部にインプラント

右下大臼歯部にインプラント埋入オペを行いました。

両隣の歯への負担を考えて、患者様はインプラントを選択されました。

抜歯後のソケットプリザベーションにより、最小限の骨吸収にとどめることができました。

3ヶ月で上部構造装着予定になりなす。



tutu1.jpg

tutu2b.jpg

矯正Vol.35 矯正治療が始まりました

右上の2番目の歯が内側に入り込んでいて、見た目が気になるということで来院された患者様です。
今日から矯正治療が始まりました。
少しずつ右上2番目の歯が入るスペースを作っていき、それから歯を並べていきます。


006933_0001_01_05b.jpg

006933_0003_01_05b.jpg

インプラントのための骨造成

左下大臼歯が根っこの病変により抜歯になりました。

患者さんはその部分にインプラントを希望されました。

病変により骨がだいぶなくなっているため、骨造成を行いました。

もうじきフィクスチャー埋入になります。


CT_20101008213805b_20101016094650.jpg
骨造成前
CT_20101008213828b_20101016094812.jpg
骨造成前
CT_20101008213943b_20101016094830.jpg
骨造成後
CT_20101008213954b_20101016094843.jpg
骨造成後

小型高圧蒸気滅菌器

今まで使用していた高速滅菌器が壊れたため、新しく滅菌器を購入しました。

14分で滅菌でき、2回目以降は10分です。

タービンハンドピース、エンジンストレート、コントラ、5倍速など効率的に使用するためには

高速滅菌器が必要になります。

3M 001b

右上臼歯部にインプラント

右上臼歯部に3本のインプラント埋入オペを行いました。

骨長が短いため、骨補填材によりスペースを確保し、歯肉の厚み、フィクスチャーの初期固定

の良い部分を考慮し、やや浅めに埋入しました。




elm1b.jpg

elm2b.jpg

右上犬歯第一小臼歯部にインプラント

右上犬歯小臼歯部に2本のインプラント埋入オペを行いました。

骨幅がないため、小さなドリルを使用して、後は骨を圧縮しながら押し広げ

埋入しました。

この方法は手間がかかりますが、最小限の骨しか削らなくて済みます。



ap1b.jpg

ap2b.jpg

矯正Vol.34 矯正治療

非抜歯で矯正治療中の患者様です。

ガタつきもだいぶ改善されてきました。
今日は下の歯の調整をしました。治療終了まで頑張りましょう。


006089_0001_01_02b.jpg

006089_0001_01_05b_20101010094934.jpg

006089_0001_01_08b_20101010094942.jpg

歯の根っこ折れています

根っこが折れた前歯を抜歯して同時にインプラント埋入を行いました。

両隣の歯は神経があり、患者様は両隣の歯を削ってブリッジをためらわれ、

また見た目の問題で入れ歯もためらわれました。

抜歯と同時にインプラントを埋入することで骨の減りを最小限に押さえることができ、

治癒過程で歯茎の形を作ることができ、また治療期間が短くなるなどの利点があります。


hj1b.jpg

hj2b.jpg

銀のブリッジを白くしたい

銀のブリッジが目立つのでメタルボンドのブリッジで作り変えました。

メタルボンドは耐久性と美しさを求められる方にはおすすめです。

006142_0001_02_07b.jpg

006142_0001_02_03b.jpg

矯正Vol.33 切歯斜面板での治療が終了しました

約1ヶ月、切歯斜面板という装置を使って頂き、逆のかみ合わせになっている左上前歯の矯正治療をしました。上の前歯1本を前に出すことのみを目的とし、短期間での治療が可能です。取り外しが出来る装置なので歯にブラケットやワイヤーなどの固定式装置を装着することなく治療が出来ました。

006840_0001_01_05b_20101005181527.jpg
初診時8月16日

006840_0003_01_05b.jpg
装置装着時

006840_0006_01_05 (2)b
矯正終了時(保定開始時)9月15日

006840_0001_01_02b.jpg
初診時8月16日

006840_0007_01_02b.jpg
矯正終了時(保定開始時)9月15日