FC2ブログ

矯正Vol.159 ツーバイフォーを使った矯正治療

犬歯がはえるスペースがなくなかなか出てこないと相談に来られたお子様です。

上下のかみ合わせ・セファロ分析値など精査した上で、上顎の歯列を広げていくことから治療が始まりました。

右上2番目の歯は、矮小歯(先天的に小さいサイズの歯)だったのですが、矯正治療後の審美的な面も考えた上で、左右対称な大きさに形態修正を行って治療を開始しました。

今日から、歯列よりやや大きなアーチのワイヤーを装着し、前方に広げていきます。

初診時(上顎咬合面)
002301_0001_b.jpg
治療中(上顎咬合面)
002301_0006_b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 
スポンサーサイト



矯正Vol.158 今日から舌側矯正のワイヤーが装着されました

装置(ブラケット)装着、インプラントアンカー装着、抜歯が終わり、今日からワイヤーが装着されました。

今日はワイヤーを入れる前に、まず抜歯空隙に(ポンティック)仮歯を装着しました。

患者様が治療中快適に過ごせるようにと、舌感を良くするための研磨、咬合調整はしっかりと行いました。

今回は隙間が出来るだけ見えにくいように犬歯から延長する形でポンティックを作っていますが、犬歯の回転を是正するためなどの治療の経過に従って、抜歯部位の後ろの5番目の歯(小臼歯)からの延長で仮歯を作り変えていくなど対応していきます。

ワイヤー装着後はやや痛みも生じますが、頑張って治療を進めていきましょう。


初診時(上顎咬合面)
009843_0001_2b_20130222192421.jpg
ワイヤー装着開始(上顎咬合面)
009843_0006_b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 


左下臼歯部にインプラント上部構造装着

左下臼歯部にインプラント上部構造を装着しました。

しっかり噛めるようになったので食事も美味しくなるでしょう。

これからはしっかりメンテナンスをして長持ちさせていきましょう。

008060_0001_02_01b.jpg

ed1b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 

矯正Vol.157 審美障害で矯正を開始しました

歯が生えてこないこと、歯と歯の間に隙間があることを主訴に来院されました。

お口の中を拝見しますと、左上2番目の歯(側切歯)が欠損の状態で、欠損部位のスペースを埋め合わせるように他の歯が並んでおり、その結果、お顔の真ん中のラインと一致するはずの上の歯と下の歯の正中線にズレが生じていました。

側切歯に関しては、レントゲンによる診断の結果、埋伏ではなく先天欠如歯だということがわかりました。

これから矯正治療により少しずつ歯を動かし、欠如歯のスペースを確保し補っていく治療方針で審美改善を目指します。


初診時(正面)
002015_0001_2b.jpg
矯正開始時(正面)
002015_0004_b.jpg

初診時(上顎咬合面)
002015_0001_b.jpg
矯正開始時(上顎咬合面)
002015_0004_3b.jpg



人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

矯正Vol.156 犬歯の遠心移動

上下の歯の位置関係のチェックを毎回行いながら、犬歯を後方に移動させています。

レべリングがまだ完全に終わってはいませんが、レべリングのための太くしっかりした角のワイヤーを装着すると、ワイヤーとブラケットのスロットとの間に摩擦が生じて遠心移動はその間は行えないので、現在も細いラウンドのワイヤーを使用しています。

ある程度犬歯が後方の抜歯スペースに移動したら、大きいワイヤーで再レべリング予定です。


初診時(右側方)
005780_0001_2b.jpg
治療中(上下レべリング)
005780_0007_b.jpg
治療中(犬歯の遠心移動中)
005780_0009_b.jpg


初診時(右側方)
005780_0001_3b.jpg
治療中(上下レべリング)
005780_0007_bb.jpg
治療中(犬歯の遠心移動中)
005780_0009_bb.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

根っこの治療期間

根っこの治療の時、患者様に「どれくらいの期間で治療が終わりますか?」

とよく聞かれることがあります。

これはそれぞれの病態により、1ヶ月で治るものから1年以上かかるものまで

様々です。

下の症例のように病巣が骨にダメージを与えているような場合は1年近くかかる

こともあるのです。

根気よく治療を続ける以外方法がありません。

頑張って治療しましょう。

ec1b.jpg
術前
ec2b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター