FC2ブログ

左上にインプラント

7ヶ月前に左上のサイナスリフト(骨造成)をした部位に2本のインプラント埋入オペを行いました。

ここは骨が垂直的に1ミリしかなく、大変厳しい部位でしたが、骨造成を行うことで何とかインプラント

を埋入することが出来ました。

次回は反対側に3本の埋入となります。

fq1b.jpg
術前
fq2b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

   
スポンサーサイト



矯正Vol.192 ジルコニアブラケット(COBY)

当院では、ジルコニアブラケット(COBY)を使用しています。
新しい素材「ジルコニア・セラミック」を使用したブラケット装置です。

生体親和性が高く、優れた強度を持つ装置です。また、痛みを伴わない設計も特徴の一つ。従来のジルコニア素材に比べ、 日本人の歯牙に近い白さを追究しており、自然な透明感を実現することができます。また、歯の移動もスムーズに動かす事が出来るので治療が比較的短期間で済みます。

最高の素材、ジルコニアセラミックの特徴は、
1.壊れにくい
2.安全素材
3.確実な取り付け、安心な取り外し
4.治療期間がより短期間ですむ
5.白色やパールの採用で、審美性に優れる
6.痛みや違和感が少ない
です。

今日は、上顎に装置を装着しました。
今後は上顎小臼歯2本の便宜抜歯、次に下顎に装置装着、下顎小臼歯の便宜抜歯と治療を進めていきます。
頑張っていきましょうね。



初診時(正面)
005619_0002_b.jpg
上顎装置装着時(正面)
005619_0005_b.jpg
ジルコニアブラケット(COBY)
005619_0005_bb.jpg



人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 

曲がった根の治療

曲がった根っこの治療もこの機械を使うことで短時間に効率良く行えるようになりました。

とても重宝しています。

やはり機械は人の手を助けてくれます。

202b.jpg

fp1b.jpg
術前
fp2b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 

矯正Vol.191 顎間ゴム用のフックの装着

非抜歯で矯正治療を行っている患者様です。

歯が並びきれない狭いアーチをワイヤーによって少しずつ広げていくことで、歯列を整えていきます。

今日は上下で使用していただくゴム(顎間ゴム)を引っ掛けるフックを装着しました。

あともう一息なので、頑張っていきましょうね。

治療前(上顎咬合面)
003669_0001_bb.jpg
治療中(上顎咬合面)
003669_0009_bb.jpg
治療前(正面)
003669_0001_bbb.jpg
治療中(正面)
003669_0009_bbb.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

 

矯正Vol.190 拡大装置装着

前回の『矯正vol.189』の続きになります。

今日、患者様に装置を装着し適合を確認しました。

当院では、この拡大床を主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子様の第1期治療に使用しています。

症状によって、拡大床の治療のみで咬み合わせが改善する場合もありますが、通常は、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期に装置で歯列の幅を広げた後、全ての歯が永久歯に生えそろうのを待ちます。

そして第二期治療として、ワイヤーとブラケットを使ったワイヤー矯正を行って、全体の歯並びやかみ合わせを治療していくことが多いです。


003860_0007_b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

  

矯正Vol.189 拡大床装置

矯正治療が始まるお子様です。

診断により、小さい顎を広げる治療から始めていくことになりました。

拡大床は、歯列の横幅(歯列弓)を横に広げたり、数歯の移動を目的とした装置です。 装置の中央には、「拡大ネジ」とよばれるネジがあります。このネジの幅を広げる力を加えることで、歯の土台となる歯槽骨を側方に押し広げる構造です。

今回作製した拡大床は主に、プラスチックのプレート、金属の太いワイヤー、歯列を押し広げるネジの3つから構成されています。

当院では、主に乳歯列期や混合歯列期初期のお子様の第1期治療に使用しています。


初診時(上顎咬合面)
003860_0001_b.jpg
作製した拡大床装置 
003860_0006_b.jpg



人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

  

抜歯即時インプラント

左上大臼歯が骨吸収によりぐらぐらしています。よって抜歯と同時にインプラント埋入オペを行いました。
                                                      
この抜歯即時インプラントとは、歯を抜いてすぐインプラントを埋入して治療を行う方法です。

ただしこの治療はだれでもが行える治療法ではなく、条件が揃ってこの方法で大丈夫と判断されたときに行われます。

メリットは抜歯とインプラント埋入が同時に行えるため治療期間の大幅な短縮になることです。



fo1b.jpg
術前
fo2b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

    

矯正Vol.188 マウスピース矯正

模型上の隙間のある部位の唇側に乳歯が残存していたのですが、歯肉にのっているだけのグラグラな状態で抜歯対象となりました。

隙間をなくす為にどのように処置していくかですが、両隣の健康な歯を削ってブリッジにしても一本一本のサイズが小さい歯になるか、極端に大きな2本の歯になるかで審美面に欠けるなどデメリットが多いため、患者様は矯正治療を希望されました。

術前模型(正面)
000276_0006_b.jpg
術前模型(交合面)
000276_0006_bb.jpg


セットアップ模型(矯正治療後予測模型)

隙間をなくすように歯を並べるとアーチが小さくなるのですが、そうなると上の歯と噛み合なくなってしまうので、トルクコントロール(歯冠部を回転中心として、歯根を頬舌的に移動させること)も行って咬合関係もしっかり整えていきます。
000276_0006_bbb.jpg


矯正治療中(マウスピース装着時)
000276_0005_b.jpg
矯正治療中(マウスピース装着時)
000276_0005_bb.jpg

だいぶ並んできましたが、歯の傾きの微調整などこれからもう少し治療を進めていきます。




人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

  

右上小臼歯部にインプラント

右上小臼歯部に2本のインプラント埋入オペを行いました。

スペースが少ないため3.3mmと3.8mm径を埋入しました。

特に問題なく終了し、しばらく待時期間となります。

fn1b.jpg
術前
fn2b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

  

ポリリン3Dホワイトニング

ポリリン3Dホワイトニングを行いました。

だいぶ白くなりました。

メンテナンスで綺麗に維持しましょう。


006483_0001_02_01b.jpg
術前
006483_0002_02_01b.jpg
術後

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

    

矯正Vol.187 矯正治療が始まりました

上下の便宜抜歯が終わり、矯正治療が始まりました。

矯正装置が装着され、慣れるまで少しかかりますが、頑張って治療を進めていきましょうね。


初診時
004729_0001_b.jpg
治療開始時
004729_0006_b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター