FC2ブログ

ディスキングツール Orthofile

ディスキングとは、歯と歯の間を削ることを言います。

スライシングとも呼ばれ、矯正治療において昔から一般的に行われる
歯の横幅を小さくするために行う処置です。歯の表面の硬い組織
(エナメル質)を一層削り、歯のサイズを小さくします。

エナメル質の厚さは約1~2mmあり、削るのは約0.3mm程度でエナメル質の
厚みの3分の1以下です。
削ったことが原因で歯が悪くなったり、虫歯になるというデータはなく、
むしろディスキングされた歯面のほうが再石灰化を引き起こし、
むし歯に強くなるという報告もあります。

このツールは、歯と歯の間を削っても歯肉を傷つけるような心配はありません。
患者様にも安心して治療を受けていただけています。


ディスキング 001b
ディスキング 002b
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する