FC2ブログ

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を抑制するために、抜歯の時点で人工骨などを「穴」に入れて骨を再生させる方法です。

抜歯すると、歯があった場所に「穴」があきます。この「穴」を抜歯窩と言います。抜歯窩は、時間とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなってしまいます。
そうなってしまうと、インプラントをするのに条件が悪くなります。骨が痩せて薄くなる前にこの処置を行うことで、
少しでも骨の吸収を抑えることができるのです。



001869_0001_02_01b.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する