FC2ブログ

動揺歯の固定

メンテナンスを行っている患者様です。

歯周病が進行しており、動揺が大きく、右側上下の臼歯部では噛むことが出来ない状態です。

歯周病で骨が溶けてグラグラ動揺してる歯は、その動揺により歯を支えている周りの組織が

もっとダメージを受け、歯周病がさらに悪化することがあります。歯周病はプラークが原因で

発症する病気ですが、噛み合わせの力との関係も悪化させる要因になっています。

今日は、歯周病治療の一環である『暫間固定』を、その改善を目的として行いました。

上顎
009998_0001_01_02b.jpg

下顎
009998_0001_01_04b.jpg

009998_0001_01_05b.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する