FC2ブログ

骨造成とインプラント

今日は難症例インプラントのため口腔外科医の先生に来て頂き、

オペを依頼しました。

患者様は左下第一大臼歯が歯槽膿漏で保存できなくなりました。

骨吸収が下あごの大きな神経まで達していたためインプラント埋入と

同時に骨造成を行いました。 

第二大臼歯の遠心部からトレフィンバーで自家骨を採取した後、通常どおり

フィクスチャーを埋入しました。

骨長が少なく、また上あごは取り外しの義歯を使用されているため

ぎりぎり7mmのフィクスチャーを埋入することとなりました。

埋入後、自家骨を転入し、メンブレンを置いて縫合しました。




CT_20111020183123b.jpg
術前
CT_20111020182655b.jpg
術後
007562_0001_02_01b.jpg
術中1
007562_0001_02_07b.jpg
術中2
007562_0001_02_09b.jpg
術中3

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター
         
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する