FC2ブログ

矯正Vol.81 先天欠如歯

矯正治療を希望され、検査を行った小学3年生の患者さまです。

前歯の永久歯は上下合わせて4本しかはえていません。現在下の乳歯には癒合歯が

見られ、レントゲン写真で見てみると、左右2番目の歯に後継永久歯が存在しません。



埋伏歯の状態やはえかたの予測などで診断に必要と判断した場合にはこのように

3D画像を資料として加えることがあります。



先天的欠如歯のある患者さまにおいては、最終的にどのようにして理想的な

かみ合わせを作っていくのか、早い段階で方向性を決める必要があります。



下の歯に合わせて上の歯の歯数をそろえていくのか、欠損の部位に対して何らかの

補綴をすることで上下の噛み合わせを整えていくのか、セファロ分析や

顎の成長の予測など検査結果を総合して判断し、治療方針を決めていきます。



CT_20111025122620b.jpg

CT_20111025122643b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター
 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する