FC2ブログ

全顎的な治療

上下ともに、重度の歯周病のために臼歯部が抜歯になった患者さまです。

臼歯部はインプラントを希望され、全顎的な治療計画を立てた上でまず歯周病の治療から始まりました。

前歯部でも歯周病が進行していたので、移動した歯と歯のスペースを閉じるため、インプラント埋入・上部構造の装着までの数ヶ月間、前歯部のみの咬合により突き上げが生じないための固定、最終補綴に向けてのレべリング、などを目的とし矯正治療も同時に行っていきました。

正中は右側に偏位していますが、残存骨量を考えると大きな移動は困難なため、最小限の歯牙移動で対応しました。

インプラントは上顎臼歯部に6本、下顎臼歯部に4本です。


1年以上の治療に及びましたが、今日ようやく治療がひとまず終了し、患者さまも喜んでおられました。
長い間本当にお疲れさまでした。これからメンテナンスもしっかり行っていきましょう。


006547_0002_01_02bb.jpg

006547_0008_02_02b.jpg
上顎


006547_0002_01_08bb.jpg

006547_0008_02_08b.jpg
下顎


006547_0002_01_05b.jpg

006547_0008_02_05b.jpg
正面

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
      
    
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する