FC2ブログ

矯正Vol.90 もうすぐ矯正治療が終了します

犬歯がなかなかはえて来ないと心配され来院されたお子さまです。


個々の歯の大きさに対して顎が小さく、叢生になることが予測されましたので、まず取り外しの拡大装置を使用していただきました。

顎の拡大が終了し、今度は仕上げの矯正として更に歯列を整えていくために、ワイヤーでの矯正治療に移行しました。第一大臼歯と前歯4本をつなぎ、犬歯と2本の小臼歯がはえる経過を見ながら、アーチで調節していきます。

今日来院された時にチェックしましたら、残りのわずかな萌出を待つのみとなりました。


成人まで矯正治療の介入がなく、成長が終わってから歯並びをきれいにしたい場合は抜歯したスペースを利用しての矯正となることが多いのですが、子どもの時から行うと固定式のワイヤーを入れている期間も短く済みますし、非抜歯で矯正が出来る可能性が高くなります。


拡大床装置使用中
006873_0001_b.jpg

ワイヤー矯正中
006873_0004_b.jpg

現在
006873_0005_b.jpg




人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
      
       
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する