FC2ブログ

矯正Vol.115 矯正治療が終了しました

左上の2番目の歯が内側に入っていて引っかかりが気になる、歯の中心がズレているということが主訴でお母様と一緒に来院された小学生のお子様です。

歯が入るスペースがない場合、特に成人の場合は歯と歯の隙間を僅かに作るストリッピングという手法でガタつきをなくしていくことも多いですが、成長期のお子様の場合には歯を削らずに歯列の拡大を行いながら並べていきます。

写真にはありませんが、第一大臼歯にも装置を装着し、ワイヤーのアーチの調整をしながら拡大を行いました。

下顎に対しやや劣成長だった上顎の歯列の拡大が終わり、主訴の改善が出来ました。

治療開始時(正面)
002020_0001_2b.jpg
治療後(正面)
002020_0007_4b.jpg
治療開始時(咬合面)
002020_0001_1b.jpg
治療後(咬合面)
002020_0007_3b.jpg

人気ブログランキングへ

歯ブログ

ブログランキング【くつろぐ】

医療法人 亀山歯科クリニック 093-621-3804  

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター    
    
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する